投資アレコレノウハウ

投資アレコレノウハウ

長期投資と短期投資

株やFX、商品先物などの投資スタイルは、大きく分けると数年以上保有し続ける長期投資のスタイルと、数日から数カ月のうちで何回も取引するような短期投資のスタイルに分けることができます。
ここでは長期投資と短期投資について説明していきます。
まず長期投資ですが、数年以上保有することを考えて、「これから成長していく可能性がある銘柄を割安で買う」ことを重要視します。
自分が買った銘柄が順調に成長していけば、莫大な利益が得られる可能性があるのがこのスタイルです。
また、短期的な相場の上下を気にしなくても済んだり、取引回数が少なくなるので手数料を抑えられるなどのメリットもあります。
一方、デメリットはすぐに利益を現金化できないことや、短期投資と比べて会社の倒産リスクが高いことです。
長期的に保有するので、その期間内に自分が購入した株の会社が倒産してしまうこともあり得るのです。
これに対して、短期投資では会社や経済の状況を考えつつ、チャート上での値動きを分析して取引することを重要視します。
このスタイルのメリットは、利益をすぐに現金化できること、資金効率が良いので複利でどんどん殖やせること、倒産リスクが小さいことなどが挙げられます。反対にデメリットは、取引回数が多いので手数料が大きくなること、相場を見る時間がある程度必要なことです。
copyright(C)投資アレコレノウハウ